本文へスキップ

元祖おとめクラブ 興奮度満開の新時代オナクラ!新大阪に出現!   

オナクラって?What’s

オナクラの楽しみ方

活動報告写真

 簡単な言葉で申しますと、「オナクラ」はイマジネーションのお遊びだと言えます。女の子からの性サービスがないのに気分が高まり、いきなり性的興奮の渦の中へと招かれます。オナニーをしない人はいませんので説明は不要かと思いますが、一人で妄想し、普段のお相手より数十倍も理想の子と脳裏の中でセックスを楽しめます。しかも毎回違った相手と好きな時間に何度も自由にすることができます。オナニーを楽しむ際のその妄想をお相手コンパニオンが更に倍増させて楽しませてくれるところがまさにオナクラ店なのです。
 オナニーは知能を備え持った人間のみが楽しむことの出来る行為です。しかしその妄想の内容は人によって様々で、その趣向は計り知れないほどに幅が広く、一説では殆どの性癖や妄想が人に知られたくない恥ずかしいもので、とても人前でできる行為ではない内容であると言われております。これがつまり「オナニーは誰にも見られずで楽しむ行為」という常識が自然に作り出された理由です。


もっと具体的に

活動報告写真

 人間の性癖は説明のつかない程に幅が広く、目に見えないほどに奥が深い世界です。ですからこれを語り尽くせる事の出来る人ははっきり言っていないのではないでしょうか。加えて殆どの性癖が社会ではタブー視されているため公にする人は当然ながらごく僅かしかおらず、それが性癖というものを知ることをことさら難しくしております。
 但しごく僅かに見える機会もございます。代表的な例が「露出狂」ですね。異性に見せることによって性的興奮を高める行為で、これはもちろん違法行為ですからたまに事件として公にされております。普段真面目な人がその対局となる行為を他人に見せつけるのですから、その心理を理解するのは難しいですよね。異性から「変態」と呼ばれる所以です。ですがコンパニオンは知ってます。強い性趣向が一瞬、理性を超えて自由になってしまったのです。性本能は元々自身では抑えられないもので、特に日頃真面目にしつけられて育った人に顕著に見られる傾向があります。「人に見られてはならない恥ずかしい行為」との意識を強く持つほどに、その逆の行為への思いが募り、変でもない性癖が形成されていったものです。
 他にもSMの世界があります。虐められることで性興奮を憶える行為や、口にしてはならない糞尿を逆に口にすることで快感を憶えたりと。知人の女の子には、自身の血管から注射で血を抜き、それを何かに掛けたり食べ物に掛けて食べたりすることで性的興奮を憶える子もいました。また、私もそうですが、異性が裸になった姿より下着姿の方が性的興奮を憶えるという趣向もあります。
 こうして少ない例を並べてみるだけでも、一貫して共通するところがありますね。普通と思われている事の真逆の行為を大胆にする点です。性本能をいたずらに抑えたり、性癖を自由に発散出来る場所が身近になかったりすると、性癖というのは徐々にエスカレートしていくような気もします。性癖は一歩間違えると犯罪に繋がりますので、一般に思われている以上に真剣に考えなくてはならないテーマではないでしょうか。


オナニーは恥ずかしくない

活動報告写真

 過去にあった私事の話になりますが、まだ経験の無い(つまり処女)の子と事に及ぼうとした際の出来事でした。何度試みても性器があわなかったのか、あるいは相手の体が未だ未成熟だったためだったかは分かりませんが、相手が痛みに耐えられず途中で行為を断念しました。
 断念した直後、いきなり相手がオナニーをし始めました。「全然恥ずかしくない!」行為をしながら相手が2,3回口に出した言葉です。初めて人に見られながらオナニーをして、全然恥ずかしさを感じずに続けられる自分自身に驚き、つい言葉に出たのだと思います。
 オナニーという行為は一端快感が始まると羞恥という理性を失わせます。初めての経験でしたので平気で出来た自分にさぞや驚いたのでしょう。
 オナニーにたいする羞恥心は男女とも同じです。他人に知られると恥ずかしい行為という常識にこだわりオナニーをするような子ではないと家族や知人に嘘を語り、、実際には誰にも見られない自室で日常的に行為を続けていたようです。本当に恥ずかしいこととはつまり、オナニーそのものではなく、行為をこっそりしている事実を人に知られてしまうところにあります。
 オナニーは言わば人間が備える知性がうまく生殖本能をコントロールして快感を楽しむ素晴らしい行為です。ただ、上記で述べた露出狂等の犯罪も絡め、反理性ととらえられて社会的にタブー視されておりますのも事実です。
 みんながこっそり行っている行為をタブー視することに違和感を多少なりとも持っていただけましたかね。


オナクラ利用にあたっての禁止事項

活動報告写真

 冒頭で申しましたが、オナニーはイマジネーションの世界です。そして「オナクラ」は日頃抑えている性癖を自由に発散できる場所です。
「こんな恥ずかしい姿を観られてもいいのか」と自問自答したり、
「コンパニオンもひょっとしたら興奮しだすのでは」と妄想してみたり、内緒にしている趣向をはじめて人に見られる事に興奮したりと、ご利用者の思いも千差万別です。
 ですが、オナクラのご利用にあたって必ず守っていただかなくてはならない禁止事項も当然ございます。
 まず、コンパニオンと交わせるのは会話のみです。またコンパニオンは普通の私服を着ており、服を脱いだり下着を見せたりすることもございません。ご利用の際はこの辺を十分ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。
 利用中、下記の事実が認められた場合、即時退店していただきますのでくれぐれもご承知おき下さいませ。
・コンパニオンに触れたりする行為(握手や肩に腕を掛ける等も含みます)
・性サービスを強要する言動があった場合。
・チップを見返りに上記等のサービスを要求するなどした場合。
・その他、当店が別に定める遵守事項に反した行為があった場合。


元祖おとめクラブ 出してネット!

JR新大阪駅東口駅前
ご来店の際は東口駅前よりお電話を
mail: info@dasite.net